mamohoのホームページ配色講座

「色」 と 一口に言っても いろんな要素がありますね。
今回は 色をいろんな視点から分類してみましょう

まずは、色の3属性について ちょっとお話します。

 

● 色の3属性とは?

色の3属性には 「色相」「明度」「彩度」の3つがあります。
これらは すべて数値で表すことができますので、
その数値で 特定の色を指定することも可能です。


それぞれ 簡単に説明しておきます。

 

○ 色相

赤・青・黄色・緑 など、色の違いを表します。
色 という意味では これが一番イメージしやすいですね。

 

上記の スペクトルを環にしたものを 色相環といいます。

この色相環で 隣り合う色を「類似色」 向かい合う色を「補色」といいます。

 

○ 明度

明度 は 文字通り色の明るさ、暗さをあらわします。

最も明るい色は 白 で 最も暗い色は 黒 ということになります。
明度は 色合いとは別に 純粋に明るさ、暗さだけを対象としています。
明るい色は 「明度が高い」 暗い色は 「明度が低い」と表現します。

 


○ 彩度

彩度は 色の鮮やかさの度合いを表すものです。
最も彩度の高い色を 「純色」 といいます。

彩度のあるもの(有彩色)には色がついていますが、
彩度が低くなるにつれて 色がうすれてしまい
しまいには 白(無彩色)になってしまいます。

 

 

● 明度と彩度の関係

 

赤(#ff0000) を 基準にして 明度の彩度の関係を図にしてみました。
右側に行くほど 彩度が高く 下へ行くほど 明度が低くなります。

右上の端になるのが 赤(#ff0000)です。 これは 純色 となります。
逆に 左端の一列は 彩度がありませんので、無彩色 となります。

だいたいの感じが おわかりいただけたでしょうか?

 

 

 

色の対比について

 

mamohoのホームページ配色講座

 

当ホームページは リンクフリーです! 
Copyright (C) 2007. mamoho. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。