HTMLでの色の指定

 

mamohoのホームページ配色講座

RGBは 16進数で表記することが解りました。
では実際に ホームページでどのように指定されているのか見てみましょう。

 

● HTMLでの色指定

ホームページは HTML文章でなりたっています。
HTML文章自体は ふつうのテキストなんですが、
背景や文字色などに 色を指定する命令「タグ」を挿入して、
色を表示させることが可能です。

色の指定には カラーネームを指定する方法と、
RGB値で指定する方法とがあります。

 

● ページの背景に色を付ける。

 

ページに背景に色を指定するには、
<body bgcolor="色の名前"> という感じで指定します。

 

● 背景色を "beige" で指定しています。  → こちら

● 背景色を "#f5f5dc" で指定しています。 → こちら

 

どちらでも指定ができる というのを覚えておきましょう。

 

★ 関連リンク

ページに背景色を指定しよう

 

 

● 文字に色をつける

 

ホームページの文字に 色を付けるには
<font color="色の名前"> 文字列 </font> と指定します。

《例》 私は りんごが好きです。

▼ カラーネームの場合

私は <font color="red">りんご</font> が好きです。

▼ RGB値の場合

私は <font color="#ff0000">りんご</font> が好きです。

 

★ 関連リンク

文字の色を変えてみよう

 

● テーブルの背景に色を付ける。

 

テーブル(表)の背景に 色を指定します。
<table bgcolor="色の名前"> と指定します。


《例》  

1 2
3 4

▼ カラーネームの場合

<table width="100" border="1" bgcolor="pink">

▼ RGB値の場合

<table width="100" border="1" bgcolor="#ffc0cb">

★ 関連リンク

テーブルに背景色を指定しよう

 

 

このあたりの指定方法は ホームページ作成ソフトで簡単にできますので、
特に覚える必要はないかもしれませんが、カラーネーム と RGB値 両方で
指定できるというのを覚えて置いてくださいね♪

 

 

ホームページを見る環境

 

mamohoのホームページ配色講座

 

当ホームページは リンクフリーです! 
Copyright (C) 2007. mamoho. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。