上手な配色のコツ

 

mamohoのホームページ配色講座

色の基本、そして 対比がわかってきたところで、
もう少し具体的な配色のコツについて お話ししていきたいと思います。

 

● コントラストを考える

 

色と色の関係で いちばんわかりやすいのが 文字色と背景色ですね。
では ちょっと下のサンプルをみてください。

文字色と背景色の明度の差がなくなると、文字が読みづらくなる
というのがわかりますね。

 

では こういうのはどうでしょうか?

文字と背景が似たような色(類似色)の場合 文字が読みづらいですね。

 

つまり 対比させることでできる差(コントラスト)を考えないと
いけないということがわかりますね。

 

 

● 進出色と後退色

 

赤や黄やオレンジなどの暖色系の色や 明るい色、鮮やかな色は、
前にでているような感じに見えます。

逆に 青や緑や紫などの寒色系の色や、暗い色、濁った色は、
遠くにあるような感じに見えます。

では 下の図を見てください。

 

また 彩度の高い色のほうが前にでているように見えて、
彩度が低い色のほうが 後ろにさがっているように見えます。

 

 

いかがですか?

 

つまり 明るくて活発なイメージにしたいなら、
コントラストを大きくして、進出色を上手に使うといいでしょう。

逆に やさしいおただやかなイメージにしたいなら、
コントラストの差をちいさくして 後退色を上手に使おうということです。

 

 

● メリハリが大切!

 

元気な感じがいいからといって、全体的にコントラストを強く
してしまうと、視線がばらついてしまって 目がつかれて
しまいます。 

逆に やわらかいイメージがいいからといって 全体的に
コントラストを低くとってしまうと かえってぼんやりした
印象をあたえてしまいます。

 

明るい活発なイメージのサイトで 進出色を使ってコントラストを
高くしたページであっても、彩度の低い色 後退色などを適度に
利用するとか、

やさしい雰囲気のページで コントラストを低くしても
注目してほしいところは 進出色やコントラストを高めにする
という感じで、メリハリをつけることも大切です。

派手な色は やわらかい色があるから目立つわけです。
また やさしい色は 強い色があるからやわらかく感じるものです。

この関係を上手に使うことが 配色をひきたたせる
基本となるわけですね。

 

 

 

ホームページ上での色とその特徴

 

 

mamohoのホームページ配色講座

 

当ホームページは リンクフリーです! 
Copyright (C) 2007. mamoho. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。